お近くの漢方外来をお探しの方
自宅から便利な
オンライン漢方内科

医療保険適用・漢方薬処方

日本東洋医学会認定 漢方専門医が患者さまの症状やお悩みに合わせた漢方を提案します

このような方におススメ

漢方を処方してもらいたいが、忙しくて病院へ行く時間がない。

漢方専門医に困っている症状を相談したい。

いつもの漢方薬をもらいに行くだけの通院が手間。

診察を受けたいが、家の近くに漢方外来をやっている病院がない。

オンライン漢方内科は

医療保険適用です。

お体の不調、ご心配ではありませんか?

医師が診断した疾患に対し、漢方薬が有効であると判断される場合、医療保険の対象となります。当クリニックで処方する漢方薬は、すべて厚生労働省が認可したものとなります(ツムラやクラシエなどの医療用漢方薬)。

漢方で重要なことは、それぞれの体質や症状に合わせて適切なものを選ぶこと。当院では、医師があなたの症状や体質を総合的に診断し、最適な漢方薬をご提案いたします。オンライン診療で実施しておりますので、病院へ通院する時間がない、お忙しい方にもオススメです。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

処方可能な

主な漢方薬のご紹介

ツムラやクラシエなどの漢方薬を症状に合わせて処方

防風通聖散

ボウフウツウショウサン

高血圧の症状(動悸、肩こり、のぼせ、むくみ)、肥満症、便秘に使用される漢方薬です。特にお腹の皮下脂肪が多い、便秘気味の人に適しています。

五苓散

ゴレイサン

むくみ、頭痛、めまい、下痢などの治療に使用される漢方薬です。漢方ではこれらの症状は「水滞」という水分代謝の異常から来るとされ、五苓散はその水滞を改善するための代表的な漢方薬です。

抑肝散

ヨクカンサン

怒りやイライラといった「肝」の高ぶりを抑える効果がある漢方薬です。神経症や不眠症の治療に使用されます。怒りっぽく興奮しやすい人や、更年期障害、歯ぎしりなどに適しています。

桂枝茯苓丸

ケイシブクリュウガン

主に子宮内膜炎、月経不順、月経痛、更年期障害、打撲症、冷え症の治療になどの治療に使用される漢方薬です。体力が中以上、赤ら顔、のぼせやすく、足が冷える人や、下腹部が張る感じのある人に適しています。頭痛、肩こり、めまいの治療や、にきび、湿疹、皮膚炎などの皮膚トラブルにも使用されます。血行障害と関連した多くの症状に対応します。

防已黄耆湯

ボウイオウギトウ

腎機能の低下や肥満症、関節炎、皮膚の炎症、むくみ、多汗症、月経不順の使用される漢方薬です。色白で筋肉が柔らかく、特に下肢がむくみやすい、いわゆる水太りタイプの方で、疲れやすく、汗をかきやすい、むくみやすいといった人に適しています。

補中益気湯

ホチュウエッキトウ

夏バテや病後の体力低下、食欲不振、風邪などの症状を治療するための漢方薬です。主に、消化機能が低下し、全身がだるく、疲れやすい虚弱体質の人々に適用されます。

加味逍遙散

カミショウヨウサン

冷え性、虚弱体質、月経の不調や更年期障害など、主に女性特有の不定愁訴に使用される漢方薬です。産婦人科の三大漢方薬の一つとして位置づけられており、女性の体のさまざまな変動に対応するための広範な効果が期待されます。

大柴胡湯

ダイサイコトウ

胃腸や肝臓の炎症、胃腸の機能低下、高血圧、じんましんなどの治療に用いられる漢方薬です。特に、体力がある人での上腹部の張りや苦しさ、便秘や肩こりなどの症状に対して効果が期待されるものとして知られています。

こんな症状でお困りの方は

ご相談下さい

明確な病気ではなくても、日々、何となく感じるからだの不調。 検査でも異常はないと言われたけど、気分はすぐれず、調子も上がらない。そんなお悩みに対して、漢方を通じて「こころとからだの調和」をサポートします。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #1:冷え性 オンライン漢方外来では、あなたの冷えや体調を総合的に診断し、最適な漢方薬を提案します。

冷え性

「冷え性」は西洋医学では明確な病名がないものの、漢方や東洋医学では体のサインと捉え、重要視しています。特に女性に多く、ホルモンバランスや自律神経の乱れが原因とされることが多いです。当院では、あなたの冷えや体調を総合的に診断し、最適な漢方薬を提案します。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #2:更年期障害 オンライン漢方外来では、患者さまの体質や症状を詳細に問診し、それに合った漢方薬を選択して症状の改善を目指します。

更年期症状

更年期症状は、女性ホルモンの減少によって心や体にさまざまな影響を及ぼす状態です。精神的な変化や身体的な不調が幅広く表れます。 漢方治療では、患者さまの体質や症状に合った漢方薬を選択して症状の改善を目指します。漢方薬は複数の症状に対する効果が期待できます。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #3:自律神経失調 オンライン漢方外来では、患者さまの症状や体質を丁寧に問診し、気や血の流れを整える漢方薬を選択して症状の緩和を図ります。

自律神経失調

自律神経失調症は、ストレスやホルモンの変動により様々な体調不良を引き起こす状態です。症状は多岐にわたり、心身の不調が複雑に絡み合います。 漢方治療では、患者さまの症状や体質を丁寧に問診し、気や血の流れを整える漢方薬を選択して症状の緩和を図ります。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #4:月経不順 オンライン漢方外来では、手足が冷える方、イライラや頭痛、不眠、不安感が強い方、便秘がちな方など、患者さまの体質や症状に合わせて、適切な漢方薬を選択し治療を進めます。

月経不順

漢方医学では、「気」や「お血」の異常が月経不順の主な原因とされます。同じ月経不順でも、手足が冷える方、イライラや頭痛、不眠、不安感が強い方、便秘がちな方など、患者さまの体質や症状に合わせて、適切な漢方薬を選択し治療を進めます。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #5:便秘 オンライン漢方外来では、便の状態や体調に応じた薬が処方されます。適切な漢方薬で腸の動きを調整し、安定したお通じを目指します。

便秘

漢方医学では、便秘は体の「気・血・水」のバランスの乱れが原因と考えられ、特に「水」の不足や、「気」「血」の異常に注目して治療を行います。便の状態や体調に応じて、適切な漢方薬で腸の動きを調整し、安定したお通じを目指します。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #6:疲労 漢方では、「気・血・水」のバランスが重要とされ、疲労はこれらの不調和が原因とされています。オンライン漢方外来では、患者さまの症状や体質に合わせた漢方薬をご提案します。

疲労

漢方医学では、「気・血・水」のバランスが重要とされ、疲労はこれらの不調和が原因とされています。患者さまの症状や体質に合わせた漢方薬をご提案します。体質改善を目的とした漢方の服用の際は、根気よく続けることが最も重要です。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #7:不眠 オンライン漢方外来では、睡眠薬のように直接的な眠気を誘発するものではなく、不眠の根本的な原因を解消を目指し、患者さまの体質や背景を考慮した処方で自然に睡眠を導くアプローチを採用しています。

不眠

漢方医学における不眠治療は、西洋医学の睡眠薬のように直接的な眠気を誘発するものではなく、不眠の根本的な原因を解消を目指しています。患者さまの体質や背景を考慮した処方で自然に睡眠を導くアプローチを採用しています。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #8:むくみ オンライン漢方外来では、体内の水分バランスを調節するアプローチをとります。具体的には、体内の水分が多いときは排泄をサポートし、少ないときは保持をサポートします。

むくみ

漢方医学では、体全体の水分代謝の低下がむくみの主な原因とされています。西洋医学の利尿剤が余分な水分を排泄するのに対し、漢方は体内の水分バランスを調節するアプローチをとります。体内の水分が多いときは排泄をサポートし、少ないときは保持をサポートします。

オンライン漢方外来でご相談頂きたい症状 #9:イライラ オンライン漢方外来では、イライラや情緒不安定を体質からアプローチしてサポートします。漢方薬は体質改善や自律神経の調整などに効果があり、特に抑肝散加陳皮半夏や加味逍遙散はイライラ解消に有効です。

イライラ

イライラや情緒不安定はストレス、自律神経の乱れ、女性ホルモンの変動など多くの原因に起因します。漢方薬は体質改善や自律神経の調整などに効果が期待でき、依存性もなく、副作用のリスクも低いです。長引くイライラや心の乱れには漢方治療をご検討ください。

オンライン漢方内科が忙しい方にぴったりな理由

仕事・家事・育児で病院へ行く時間がない方へ。スキマ時間で受診。忙しい方のスマートな選択。

オンライン漢方外来の特長 #1:通院時間の負担を軽減

通院時間の負担を軽減

通院は不要なので移動時間も必要ありません。ご自宅やオフィスなどから診療を受けられます。

オンライン漢方外来の特長 #2:スキマ時間を使って受診できる

スキマ時間に受診

仕事や家事の合間などのスキマ時間に診療を受けられます。診察の直前まで別のことをしていても大丈夫。

オンライン漢方外来の特長 #3:おくすりもご自宅に届く

おくすりもご自宅に届く

当院が連携しているとどくすりをご利用いただければお薬もご自宅に届きます。

オンライン漢方内科は

全国から受診いただけます

担当医師のご紹介

前山 美千代 (まえやま みちよ) - 日本東洋医学会認定 漢方専門医

前山 美千代 (まえやま みちよ)

日本東洋医学会認定 漢方専門医

内科医として働くうちに、東洋医学と出会いました。同じ症状でも西洋医学と違う効果をもたらしてくれる漢方に心を惹かれて診療を続けています。
漢方外来には、月経異常や冷え性などの婦人科疾患、花粉症やアトピー性皮膚炎の体質改善など、さまざまなお悩みを持った患者さまが受診されています。日本の漢方の強みとして、148方剤の医療用漢方製剤(エキス剤)と約200種類の調剤用生薬が健康保険を用いて処方できる点が挙げられます。現代医療に西洋学的診断・治療、漢方を併用していくことで、皆さまの健康管理に貢献したいと思います。

◎資格・所属

日本東洋医学会 専門漢方医、日本内科学会 認定医、スポーツドクター、日本抗加齢医学会専門医、日本ドック学会 認定医、産業医

◎勤務

毎月水曜日


永井 千草 (ながい ちぐさ)- 日本東洋医学会認定 漢方専門医

永井 千草 (ながい ちぐさ)

日本東洋医学会認定 漢方専門医

さまざまな生薬の組み合わせが、体の中の崩れたバランスを治していく…それが漢方薬です。
症状の数だけお薬を飲むのではなく、その人それぞれに合わせてそれぞれのお薬を処方させていただきます。
治療効果をあげるために、飲み方の工夫やちょっとした生活習慣などもアドバイスできたらと思います。
「酸っぱい味がお好きですか?」「ご自分でおへそより上あたりを触ると、ひんやりしていませんか?」など、意外なことをお聞きするかもしれません!

◎資格・所属

日本東洋医学会認定 漢方専門医、日本医師会認定産業医、麻酔科標榜医

◎勤務

毎月月曜日・木曜日

料金(目安)

医療保険適用なので、診察料の自己負担割合は、普段の病院受診と同じです。
安心して診察を受けてください。

オンライン漢方外来の料金:医療保険適用なので、診察料の自己負担割合は、普段の病院受診と同じ
初診1,200円前後 + システム利用料
再診500円前後 + システム利用料
  • 上記は、自己負担が3割の方の目安の料金です。診察内容や受診の時間帯によって料金は変動します。
  • オンライン診療のシステム利用料として、別途1,000円をいただきます。
  • お薬代は含まれておりません。
  • 医療費の助成制度をご利用される方は、各自治体のルールをご確認ください。

診療の流れ

ご予約

当院のオンライン漢方外来は完全予約制となっています。当院専用の予約ページよりご予約ください。

予約が完了すると、予約完了メールが届きます。メールに当院のオンライン診察室のURLが記載されております。ご確認ください。

オンライン漢方外来の流れ #1:ご予約 当院専用の予約ページよりご予約ください
STEP
1

オンライン診療

ご予約の時間になりましたら、予約メールに記載してあるURLよりオンライン診察室へお入りください。

  • 当院では「zoom」を使用してオンライン診療を実施します。事前にzoomアプリのインストールをお願いします。
  • 当日はご本人様確認のため、運転免許証などの顔写真付き身分証明書が必要となります。予めご準備の程、お願いします。
オンライン漢方外来の流れ #2:オンライン診療 予約メールに記載してあるURLよりオンライン診察室へお入りください
STEP
2

ご自宅でお薬を受け取り

当院では、大変便利な処方せん薬宅配サービス「とどくすり」と連携しています。
送料無料手数料無料でお薬をお届けします。

以下よりとどくすりのサイトへアクセスし、会員登録をお願いします。とどくすりに会員登録した上で、オンライン診療を受けていただくと非常にスムーズです。事前の会員登録にご協力をお願いします。

オンライン漢方外来の流れ #3:ご自宅でお薬を受け取り 大変便利な処方せん薬宅配サービス「とどくすり」と連携しています
STEP
3

診療費のお支払い

診察終了後、ご登録いただいたメールアドレスに決済用リンクをお送りします。そのリンクよりご決済をお願いします。

対応している決済方法

  • クレジットカード払い(VISA / JCB / Amex / Diners / Master)
  • PayPay
  • LINEPay
オンライン漢方外来の流れ #4:お支払い 診療費用は、お薬代と一緒にお支払いいただきます
STEP
4

オンライン診療をご希望の方は予約ページから

  • 当院のオンライン診療は症状が安定している方を対象させていただいております。急性症状の場合は、お近くのクリニックへの受診や救急外来への受診をお願いします。
  • 向精神薬など、初診時に処方できないお薬があります。また、当院ではピルの処方は対応しておりません。
  • 保険証をお持ちでない方(生活保護の方等)は治療費が全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 当院では小児科には対応しておりません。

ご予約時にお手元にご準備いただきたいもの

必須:健康保険証(マイナンバーカードは利用できません。必ず健康保険証をご用意ください。)

任意:お薬手帳、健康診断の結果など

オンラインでカンタン予約!

24時間受付中!

よくあるご質問

オンライン診療に適さない症状はどのようなものですか?

日本医学会連合は、「オンライン診療の初診に関する提言」の中で<オンライン診療の初診に適さない症状>を示しています。
当院では以下の症状に該当する場合、オンライン診療を見送らせていただきます。予めご了承ください。

費用の支払い方法はどのようになりますか?

ご自宅で薬を受け取られる方

とどくすりより、お薬代と合わせて診療費用をご請求します。診療費用は、お薬代と一緒にお支払いいただきます。対応している決済方法はとどくすりのサイトをご確認ください。

システム料はいくらですか?

一律1,000円をお願いしています。

当院のご紹介

木の香往診クリニックは名古屋市で在宅医療を提供しているクリニックです。

当院は名古屋市で在宅医療を提供しているクリニックです。
オンライン診療でも患者さまのニーズに合わせた医療を提供することを目指しています。